過敏性腸症候群【下痢型IBS】が妊娠出産で治った!?

暑い日が続きますね。今年の夏はどこまで猛暑になるのでしょうか…!?(^U^;)

女性が妊娠や出産を機に、体質が変わるというのはよくある話だと言いますよね。

たとえば、寒がりだった人が暑がりになり、やたら汗をかくようになる。妊娠前より抜け毛が増えたり、髪が細くなる。食の好みが以前と変わる。便秘しやすくなる等。

わたしの場合は、長い間、ひどい下痢型の「過敏性腸症候群(IBS)」だったのですが、出産後にまさかの治ってしまったという驚きの変化がありました!!



みなさんは「過敏性腸症候群(IBS)」という病名を聞いた事はあるでしょうか??便や胃腸の検査をしてもどこにも異常は見つからないのに、排便の明らかな異常が続く、患者にとっては苦しい病気です。はっきりとした原因はわかっていませんが、ストレスが一因と言われています。

おもに下痢型、便秘型、下痢と便秘を交互に繰り返すタイプとがあります。わたしも数か所の病院で診察を受け、大腸カメラ(内視鏡検査)も2回行いましたが、異常は見つかりませんでした。しかし、毎日のようにひどい下痢に悩まされ、外出することも、人に会うこともままならない…、そんな著しくQOLの低下した時期が学生の頃から10年近く続きました。

病院で処方された薬も大した効果はなく、もう駄目だ…一生この状態が続くのだ…と半ば自暴自棄になっていましたが、

昨年の夏に妊娠してからは、徐々に下痢の回数が減り、便秘になる事がしばしば。「おや??」と内心思いつつ、大して気にとめず過ごしていたところ、

今年の春に出産後、明らかに下痢をすることがなくなりました。ほぼ毎日水状の便だったのが、滅多に下痢しなくなり、それどころか基本的にやや便秘体質になりました。

現在は毎日ヨーグルトとプルーン(←便を軟らかくする作用あり)を1~2個食べる事で、きちんと排便があり、理想的な状態が続いています。下痢に悩まされ、人と会うのも怖かったのが嘘のようです。



どうして出産を機に体質がここまで変わったのか、まだその理由をはっきりと理解している訳ではありませんが、赤ちゃんを身ごもることで、腸の形状やねじれ具合などに変化が生じたのが一因なのでは!?と自分では想像しています。

いずれにしても、出産してかわいい赤ちゃんに恵まれただけでなく、長年の悩みまで解決されて、本当に嬉しく思っています。子供を産んでよかったです…(>_<)。

自分の体質の変化について、また何かわかった事があったら追加で更新していきますね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする