【田畑幸香容疑者】生後2カ月女児、薬物中毒で殺害か!?

わずか生後2カ月の女児、田畑織音ちゃんが薬物中毒で亡くなるというとても悲しいニュースがありました。

殺人容疑で逮捕されたのは、なんとその母親の田畑幸香容疑者(23)です。

警察の調べによると、田畑容疑者は昨年12月、血圧降下剤や糖尿病治療薬(薬は容疑者の母親が服用していたもの)をミルクに溶かし織音ちゃんに飲ませ、薬物中毒により死亡させた疑いがあるとのこと。

使用した薬剤には劇薬成分が入っており、田畑容疑者もその危険性を母親から聞かされていたそうです。つまり、容疑が事実であれば意図的に殺人を犯した事になります。

死亡した織音ちゃんの体内から検出された薬剤の濃度は高く、成人に投与しても中毒になってしまうほどの量だったようです。

自分も幼い子供を持つだけに、田畑容疑者のニュースを聞いて胸が痛みます。どうしてこのような悲惨な事件が起きてしまったのでしょうか!?

田畑幸香容疑者は、事件発生時には自分の両親、妹、織音ちゃんと5人暮らしだったという事です。旦那さんが一緒に住んでいなかったという事は、シングルマザーだったのでしょうか??

織音ちゃんは低出生体重児だったようで、出生後もしばらく病院におり、退院後1週間ほどで今回の事件が起きたようです。もしかしたら田畑容疑者は育児ノイローゼや産後うつになっていたのかもしれませんが、退院した織音ちゃんを家に迎えてから事件の発生まで、とても早かったようにも思います。

警察は、田畑容疑者と家族の間で、育児を巡るトラブルがあったのではないかと見て調査しているという事です。

田畑容疑者は「哺乳瓶の中に薬を入れていません」と容疑を否認しているという事です。

今後の調査の行方を見守りたいと思います…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする