世界陸上200m決勝進出サニブラウン、強さの秘密は?出身は?

こんにちは。管理人のNatsu-mamaです(*^▽^*)ノ♪

今日、8月10日は、大好きなマンガ『ちはやふる』新刊の発売日という事で、とてもテンションが上がっております。(笑)

さて、話は変わりまして、【世界陸上】が今とってもアツいですね!!!育児の合間の休憩時間に、世界陸上のニュースをチェックしているママさんは、わたし以外にも大勢いるのではないでしょうか??☆

特に注目されているのは、日本代表のサニブラウン選手(18)ですね!!まだ18歳の若さで、なんと男子200m決勝進出を決めてしまいました!!凄すぎる~~(>▽<*)!!

日本代表アスリートとして、同種目で決勝に進出したのは、2003年の末続慎吾選手(銅メダル獲得)以来です。また、あのウサイン・ボルト選手(30)が持っていた「同種目で決勝に進出した最年少記録」を塗り替え、史上最年少での決勝進出を決めた快挙です!!!

このサニブラウン選手の強さは一体どこから来ているのでしょうか!?出身は!?彼は何者なのか!?…、今日はサニブラウン選手の生い立ちに迫りたいと思います♪サニブラウン選手は、1999年3月6日生まれの18歳。ガーナ人の父親と、日本人の母親の間に生まれた福岡県出身のハーフです。ガーナでサッカー選手をしていた父の影響で、サニブラウンも幼少期はサッカーをしていましたが、小学校3年生のときに、母親(陸上経験あり)の勧めで陸上競技を始めたという事です。

中学・高校時代には、クラブ顧問をしていた山村貴彦氏(シドニー五輪日本代表)からの指導を受ける。2015年7月に行われた第9回世界ユース陸上競技選手権では、100m、200mともに優勝。しかも200mでは、ウサイン・ボルトの持っていた大会記録を塗り替えての優勝でした!!素晴らしいですね(・ω・)♪

現在、サニブラウンの持つ自己ベスト記録は、100mが10秒05(2017年)、200mが20秒32(2017年)となっています。世界記録にはまだまだ届きませんが、現在めきめきと力をつけ、世界に台頭してきた超新星ですので、いずれはウサイン・ボルトのようなスター選手になるのではないでしょうか??!

彼の生い立ちを見ますとやはり、アフリカ出身の父親譲りの運動神経」と、「陸上経験のある母親譲りの競技センス」を併せ持つ、陸上競技の天才アスリートなのではないでしょうか…。いやはや恐るべし。

気になる世界陸上200m決勝ですが、日本時間の11日5時50分頃行われる予定です!!リアルタイムでは見れませんが、サニブラウン選手の健闘を祈っています(*^U^*)☆!!それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする