桐生祥秀、ついに100mで日本人初の9秒台9秒98!!

こんにちは、管理人のNatsu-mamaです(*・U・*)ノ♪

昨日、抱っこ紐&リュックをしょって子供をお散歩に連れていったら、ヘトヘトに疲れてしまいました…(笑)。やはり、8kg超えのわが子を運ぶのは体力がいります(^^;)…。

さて、スポーツ界の嬉しいニュースが入ってきましたね!!!東洋大の桐生祥秀(よしひで)さん(21)が、陸上男子100mで日本人初となる9秒台の記録、9秒98をマークしたのです!!!!おめでとうございます~!!!!!すごいなぁ☆

今日は、そんな才能あふれる桐生選手のこれまでを振り返ってみようと思います。

桐生祥秀選手は、1995年12月15日生まれ、滋賀県彦根市出身。小学生の時にはサッカーをしていました(ポジションはゴールキーパー)。

中学へ進学したのをきっかけに、陸上を始めたようです。中学3年時の全国中学校体育大会では、200m決勝で2位の成績を残しています。


その後、高校は進学校としても名高い、京都府・洛南高校に進学します。洛南高校のグラウンドは、直線距離が80mしか確保できず、陸上選手にとっては残念な環境だったようです…。

高校3年時の織田幹雄記念国際陸上競技大会では、100m予選で10秒01のタイムを記録。これは日本歴代2位の驚異的なタイムで、日本ジュニア新記録かつ日本高校新記録でした!!!

このタイム測定時に使用された風向風速計が旧式のものであったため、ジュニア世界記録としては認められなかったものの、桐生祥秀の名を日本中に轟かせたレースとなりました。

昨年のリオ五輪では、男子100mでの準決勝進出を逃したものの、男子4×100mリレーでは第3走者となり、アジア記録を更新しての銀メダル獲得で日本中を沸かせましたね。

そして今年の9月9日に行われた第86回天皇賜盃日本学生陸上競技対校選手権大会では、日本人初の9秒台である9秒98をマーク。日本勢悲願の9秒台をマークしたとき、桐生選手は一体何を思ったのでしょうか…(*>ω<*)。

3年後の東京五輪でも、メダルに期待がかかりますね!!!!!!それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする