自民党の消費税増税、教育無償化でママは得する?損する?計算結果

こんにちは、管理人のNatsu-mamaです(*^ω^*)♪

最近、毎朝、体重計で体重を測定しています。いまの私の体重は、大学生の時の体重とまったく同じ。これだけ変動しないんだから、今の体重が自分にとっての「適正体重」なんだろうなぁ~なんて一人で思っていますw

さて、今月10日公示、22日投開票の衆議院選挙ですが、各党の公約が発表されましたね。

中でも、安倍晋三首相率いる自民党と公明党は、消費税増税の論点について、他党と一線を画しています。

希望の党や立憲民主党が、来年予定されている消費税の10%への引き上げを「凍結」や「直ちに引き上げる事はできない」としているのに対し、自民党・公明党は予定通り引き上げ、増収分を子育て世代への投資や社会保障に当てるとしました。

今日は、ママの観点から、この自民党・公明党の公約について、「はたして消費税増税で、ママは得する?損する?」というところを計算していきたいと思います。

自民党が公約で、8%→10%への消費税増税(来年秋)の増収分の使い道として具体的に挙げているものの1つが、

「幼児教育無償化を一気に加速する。20年度までに、3歳から5歳までのすべての子供たちの幼稚園・保育園の費用を無償化する。0歳から2歳児も、所得の低い世帯に対して無償化する。」という事です。

これにより、はたして、われわれママ達は得するのでしょうか?

ここでは、例として、父(サラリーマン)・母(パート)・娘(3歳)の3人家族について考えてみます。毎月の収支を見ていきましょう。

<自民党による消費税増税前(8%)、教育無償化前> 

月収(夫婦合計)   30万円

食費        6万円

趣味・交際費など  3万円           

家賃・光熱費   12万円           

保育園代     3万円

毎月の貯金    6万円 

↓↓↓

<自民党による消費税増税後(10%)、教育無償化後>

月収(夫婦合計)    30万円

食費       6.111万円

趣味・交際費など   3.055万円

家賃・光熱費   12.222万円

保育園代     0万円

毎月の貯金    8.612万円



上の計算結果を見ると、この家庭の場合は、月々の貯金が2万円以上増える事になります!!

ですので、自民党が政権運営すれば、ママにとっても嬉しいという事になりますね(^ω^;)。

ただし、保育園の費用は、「その世帯の収入・住んでいる自治体・子供の年齢と人数」などで大きく変動しますので、一概にお得とは言えません。場合によっては、保育園費用が無料になっても、消費税増税で出費の方が増えてしまう・・・・なんて家庭もあるはずです。

一度、ご自分の家庭の収支に当てはめて、試算してみる事をおススメします☆!!

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする