福井中学2年自殺、担任と副担任の叱責が原因?学校ぐるみのいじめ?

どうも、管理人のNatsu-mamaです(*^ω^*)♪

最近、うちの子はおしゃぶり依存なんじゃないか??と心配になる時があります…。日中、眠気がくるとうちの子はぐずるので、おしゃぶりをあげるとすぐ寝てくれるのですが、逆におしゃぶりをあげないとなかなか寝てくれず…。夜の就寝は、おしゃぶり無しでも問題ないのですが、日中もおしゃぶりの使い過ぎは控えた方が良いですね…(><)汗。

さて、また悲しいニュースが入ってきてしまいました。

今年の3月に、福井県池田町の町立池田中学2年男子生徒(当時14)が、校舎から飛び降りて自殺したというのです…。

若く、尊い命が、自殺という悲しすぎる結末を迎えたのは、一体どうしてなのでしょうか。今日は、この事件について、見ていきたいと思います。

事件が起きたのは、今年の3月14日。福井県池田町立池田中学校に通う、当時2年の男子生徒が、校舎の3階から転落。校舎近くの地面に倒れているところを教師に発見され、病院に運ばれましたが、その後亡くなりました。

池田町の教育委員会は今月15日、男子生徒の転落死について、担任らから厳しい指導を受けた精神的ストレスによる自殺だったとする報告書を公表しました。

今回の事件を受け、再発防止等のため、池田町は調査委員会を設置。調査委が作成した報告書によると、男子生徒は課題提出や生徒会活動を巡り、昨年10月以降、担任と副担任から厳しい指導を受けるようになったという事です。

また、亡くなった男子生徒について、調査委員会は「発達障害の可能性が想定される」と指摘。専門機関での診察を受けていないため、断定はできないとしつつ、「(生徒の)状況をよく観察すれば厳しい叱責が不適切と気付くことはできた。学校の対応に問題があったと言わざるを得ない」と報告しました。

亡くなった男子生徒は、中学校の生徒会で役員を務めていました。生徒会がマラソン大会を企画した際には、その準備が遅れていた事について、担任から校門前で厳しい叱責を受けたようです。

当時の様子について目撃していた生徒は「(聞いている者が)身震いするくらい怒っていた」と述べていた事を、調査委員会が報告しています。

その他にも、課題の未提出等について、男子生徒は担任や副担任から執拗な叱責を受けていました。男子生徒の母親によると、副担任からは、同じ課題を何度も何度も課されていたそうです。

男子生徒の母親は、息子の自殺について、「原因については、教師によるいじめだと思っています。本当にただただつらい。息子が戻ってきてくれれば、帰ってきてくれればいいんですけど」と悲痛な思いを述べています。

また、母親によると、「事故(自殺)当日、校長や教員が(面会に)来ても悪びれた様子もなく、頭を下げることもなかった」という事です。この証言により、学校ぐるみで、男子生徒への対応に問題があった(いじめていた)可能性が出てきました。

本来であれば、生徒を指導し正しく導く立場であるはずの、「学校」や「教師」に大きな欠陥があった事がわかった今回の一件。



問題があったのは、この中学校だけなのか?今回の一件は氷山の一角で、日本の教育機関に、まだまだ大きな問題が隠れているのではないか?

この男子生徒の死を無駄にしてはいけません。無限の可能性を持つ、若い命を守っていくために、何をするべきか?何を変えるべきか?これからは、社会が一体となり、しっかりと考えていかなければなりません。

亡くなった男子生徒のご冥福をお祈り致します。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする