小学校でプログラミング教育!?

こんにちは、Haru-mamaです。

2020年から、小学校でプログラミング教育が必修になるそうですね!

文部科学省によると、論理的な思考能力を養うのが狙いとのことです。
確かに、プログラミングを学べば、どんなシステムもつくれるような、
非常に論理的な人間が育ちそうではあります。

しかし、これだけで本当に論理的な思考能力を養うことができるのでしょうか。

そもそも今までの教育だと論理的な思考能力は養えなかったのでしょうか。

これからの情報化社会で活躍していくために、若い世代にはITの知識が必須であることは、
間違いないと思いますが、
それによって、生徒の論理的な思考能力がぐんぐん伸びていくかというと、
それは違うような気がします。

結局は、本当に優秀な人間はどんな教育でも伸びていくのに対し、
優秀でない人間は、教育内容を変えたところで伸び率は変わらないのではないのではないでしょうか。

仮に、私がプログラミングを小学生のときから学んでいたからと言って、
論理的な思考能力が養われたとは思いません!笑

これに関連してか、教育に最新のITを活用する取り組みもますます最近は活発化しているようです。

「EdTech(エドテック)」という言葉をお聞きになったことがありますでしょうか。

EdTech(エドテック)とはEducation(教育)とTechnology(テクノロジー)を組み合わせた造語だそうです。

初めて聞いたときは、江戸テックかと思いました。。。

江戸時代の考えをテクノロジーに生かそう。みたいな。。。

そういう意味なら、EduTech(エデュテック)にしてほしいですね。

今の中高生は、スマートフォンなどを活用して、オンライン講義を聞いたり、
勉強仲間と学習状況を共有したりして、受験勉強をしているそうです。

条例などの弊害があるそうですが、

Edtech(エドテック)もいずれ正式に学校教材になっていくのでしょう。

自分たちが知っている学校教育が、時代とともに変わろうとしているのは、仕方のないことではありますが、
幾分寂しさも感じてしまうところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする