しまじろうプレイパーク@新宿京王百貨店に行ってきました

こんにちは、Haru-mamaです。

一昨日(2019/8/15)、しまじろうプレイパーク@新宿京王百貨店に2歳の子供を連れて遊びに行ってきましたので、その様子についてレポートをしていきたいと思います 。

はじめに

今週はお盆ということで、旦那の仕事が休みのため、もともと8/15(木)~8/18(日)で旦那の住む関西へ帰省する予定でした。

1か月以上と1週間前から新幹線の予約をし、駅での乗り換えルートや、帰省先でのオムツの手配の方法や、シャンプーの持ち運びなど、様々な準備をしていた矢先、

その5日ほど前から、超大型台風である台風10号が日本に接近中というニュースが舞い込んできました。台風が上陸するのは、順当(?)にいけば九州あたりであり、さすがに近畿に影響はないのではないか、しかし「超」がつくほどの大型台風にも関わらず、台風に向かって移動とかしていいものか、小さな子供を連れて行動する場合、何かあったときの対応が大変です。

旦那とどうしようかと前日まで決めきれずにいたところ、JR東海が東海道新幹線の計画運休を発表しました。数本に1本という間引きの計画運休であったのですが、見事的中し、自分たちが予約していた新幹線が運休することが判明しました。

新幹線が運休するのであれば、どうしようもありません。神様が台風から守ってくれたということにして、今年の帰省は断念することにしました。

突然お盆休みの予定がなくなってしまったため、子供を連れていけるようなイベントはないか、Twitterなどで探していたところ、しまじろうプレイパークという存在を知ることになります。

しまじろうプレイパークとは

公式ホームページによると、

○どんなところ:しまじろうと一緒に、お子さんが、「できた!」、「わかった!」を思い切り体験できる、遊びと学びの空間です。

○開催スケジュール:しまじろうプレイパークは、全国を巡回する施設です。

各地域で年に2週間ほど、イベントとして実施されているようです。

詳しくは、公式ホームページをご覧ください。<https://kodomo.benesse.ne.jp/open/park/about/>

(以下、写真等も公式ホームページから引用)

私が今回参加してきたのは、以下のスケジュールのようでした。

会場 7階「大催場」
開催期間 2019年8月8日(木)〜8月19日(月)
営業時間 10:30~20:00
※最終日は17:40閉場
料金
  • こども(1歳〜小学6年生):800円(税込)
  • 大人(中学生以上):600円(税込)

※京王パスポートカード・京王クレジットカードまたは、京王友の会会員証のご提示で、ご本人様および同伴者2名様まで200円引き(割引の併用は出来ません)
※入退場時間指定の完全入れ替え制となります。入場券の販売方法や入れ替え時間については、詳細が決まり次第施設のWEBサイトに掲載いたします。

住所 〒160-8321 東京都新宿区西新宿1-1-4
電話番号 03ー3342ー2111(大代表)
公式HP https://www.keionet.com/info/shinjuku/
アクセス(電車・バス)
  • 京王線【新宿駅】京王百貨店口よりすぐ
  • 都営新宿線・大江戸線【新宿駅】JR新宿駅寄り出口よりすぐ
  • JR【新宿駅】中央西口(京王口)よりすぐ
  • 小田急線【新宿駅】地下西口改札よりすぐ
アクセス(車) 公共交通機関でのご来場をお勧めいたします
駐車場 施設のWEBサイトをご確認ください
定休日 施設の定休日に準じます。施設のWEBサイトをご確認ください。

当日を楽しむための準備

さて、気になる混雑度ですが、

事前にネットでリサーチし、「混みすぎ」「初回はすぐにチケット売り切れ」などいろいろな情報があり、不安ではありましたが、

実際に行ってみて、正直、準備・対策を練っていけば十分楽しむことは可能だと思いました。

集合時間と集合場所をはっきりとさせれば、怖いことはありません。来年以降も楽しむために、今回とった作戦についてまとめます。

まず、入場時間については、以下の通り、大きく6つに分かれています。

番号
入場時間
各回300名予定
※混雑状況により前後する場合がございます。
午前10時30分〜11時30分
正午〜午後1時
午後1時30分〜2時30分
午後3時〜4時
午後4時30分〜5時30分
午後6時〜7時30分〈最終日は⑤まで〉

午後の枠の方が空いているという情報はいたるところにありましたが、

○2歳の子供はいつお昼寝するかわからない。
○夜たっぷり寝た後だから、基本的に午後より午前中の方がご機嫌
○朝運動した方が、お昼寝が早く、健康的な生活リズムになる

などの理由により、一番混んでいると噂される①で参加することとしました。

会場前でチケットを買って、そのあとに入場という流れになるのですが、最初の時間枠は人気のため、

入場チケットを買うために行列に並ばなければならないそうです。

新宿京王百貨店は10時に開店なので、その時間まで百貨店には入れません。

早くいってもどこで待てばよいのか、それが当日まで分からず不安でしたが、

今回は、たまたま係の人の案内を受け、スムーズに並ぶことができました。

その場所とは、京王百貨店中地階(1階と地下1階の間)エレベーター前です。

京王線の京王百貨店口もしくは、JR中央西口(京王口)から階段上ってすぐのところです。

下の図は、新宿京王百貨店中地階のフロアマップです。

行列の並び方は以下のような感じです。

エレベータ前に先に着いた人が後ろに並ぶ方式で係の人が誘導してくれますので、

あとはそのとおりに並べばよいかと思います。

10:00になったらエレベータの扉が開き、7階までノンストップ。

7階に着けば、大勢の店員さんが誘導してくれるので、あとは迷子になることはありません。

今回は9:45に中地階のエレベーター前に着きましたが、1台目のエレベータ(約20人乗り)に乗ることができました。

待ち時間は15分だけでしたので、子供の機嫌も損ねずに済みました。

どうやら、別の入り口からきてエスカレータでダッシュで7階に上ってくるお父さんもいるようです。

というか、息切れしているお父さんもいました。笑

体力自慢の方はこれでもいいかもしれません。

チケットを買った後は、ベビーカー置き場にベビーカーを置き、子供と会場に入場です。

会場での動き方

実は今回は、中に入ったあとの行動についてはリサーチ不足だったのですが、

「にゃっきぃのドキドキ森・ちゃれんじ海岸」は人気なので、まず最初に並ぶべきでした。

会場に入場したら、子供が入ってすぐのところ(新宿では、「にゃっきぃのドキドキ森・ちゃれんじ海岸」でした)に目移りし、そこでまず時間を費やしてしまいました。

少なくとも今回は、時間が経つにつれて、「にゃっきぃのドキドキ森・ちゃれんじ海岸」は行列が長くなっていったので、まずはここに並んだ方が効率よくコーナーを回れます。

 

さらに、その前には、チャレンジ広場のスケジュールは確認しておけばよいでしょう。大きなスクリーンで遊べたり、しまじろうとうたって踊ろうショー!映像ショーがあったり、しまじろうとハイタッチができることもあります。

この2つが人気イベントのようなので、この2つさえ押さえれば、後悔することは基本的にないかと思います。

せっかくお金を払うのだから、会場では効率的に遊びたいですね。

1時間以上の枠がとられていますが、飽き性である子供は1時間ほどで出てしまってもいいのではないかと思います。

最後に

ずばり、行った甲斐があったかというと、苦労して行った甲斐はありました。

積極性が少ないうちの子供でも、やはり五感を使って遊ぶのは刺激になるようです。

家に帰って、「こんなことしたよ」なんて話してくれると嬉しいです。

また、機会があれば連れて行ってあげたいと思いました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする